2019年11月3日日曜日

大黒柱をめぐる家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所


竣工写真を岡田大次郎さんに撮って頂きました。 いつも通り自然光でのみ撮影





玄関廻り


大工による造作収納





準防火地域の延焼ラインをカットして木製建具による開口部


雪見障子+Low-E防犯ペアガラスの木製建具+木製網戸の構成







大黒柱を中心としたレベル差のある田の字PLAN 1/4は外部の縁側 




建具の開閉によるバリエーション


雪見障子



床暖房を敷設した床 

大判のタイル1m×3mでキッチンを囲ってます



低温乾燥材で構成する梁組



2019年10月28日月曜日

町家改修 

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所


町家改修現場



レトロ町家(町家はそもそもレトロなのですが・)を目指す改修工事が進んでおります。



耐震改修として今回は鉄骨で補強を行いました。
筋交的にC型鋼材を入れ、水平構面は構造用合板で剛性を確保しました。
 




耐震改修として今回は鉄骨も用いて補強を行いました。


構造改修に期間がかかりましたが仕上げ工程に入っていきます。








2019年9月12日木曜日

大黒柱をめぐる家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所


外構工事

アプローチ土間 洗い出し工事



土間コンクリートを打設して、熟練職人さんが砂利を撒いていきます 
ミレーの種まく人のようです






砂利を撒き終わったら

ローラーで圧をかけて下のモルタルを石に馴染ませます







馴染ませたら こんな感じ  砂利がもう見えません
ただモルタルを打設しただけに見えます

この状態で時間を3-4時間程置いて洗い出しをすると完成








2019年8月25日日曜日

大黒柱をめぐる家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所



本体工事はほぼ完工


エントランス


もはや定番の職人によるなぐり加工の玄関戸

外構工事が進んでます 
キッチンカウンター 大黒柱と同じく欅の一枚板



 レベル差の中心に日時計の如く鎮座しております
欅の大黒柱尺二寸



キッチン壁は錆鉄のような渋い表情ですが1m×3mの一枚板のタイル 
施工と運ぶのが大変








2019年8月22日木曜日

大黒柱をめぐる家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所


建具工事

巨体の建具職人が建て合わせを行っております。



階段二段分のレベル差ある開口部には 網戸-框戸-雪見障子が嵌ります。
 



建具屋さんが作った建具は建て合わせが済んだら、
表具屋さんが引き取りに来て障子紙を貼ってもらいます。


今回は障子が上にスライドして挙げると硝子戸になる雪見障子です。
猫間障子というものもあります。
見た目はほぼ同じですが、猫の出入りの為らしくガラスが嵌って無いんです。
ちゃんと空いているときに出入りするんでしょうか。







2019年8月3日土曜日

大黒柱をめぐる家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所




38度超 酷暑の中の左官職人









外壁左官工事 珪藻土フラット仕上げ







無機質なグレーの外壁と徳島杉の軒天




2019年7月1日月曜日

そとん壁と和瓦の家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所




そとん壁と和瓦の家
梅雨の晴れ間に岡田大次郎さんに竣工写真を撮ってもらってます





               低温乾燥構造材(甲賀)の空間





ステンレス+ナラの造作キッチン 床板は徳島杉30mm


LDK~和室





               


そとん壁(スチロ鏝仕上げ)







真鍮目地+磨き左官仕上げの玄関土間
             なぐり(原田銘木作)の玄関引き戸





             


2019年5月17日金曜日

大黒柱をめぐる家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所


下屋根工事   大工工事は大方、山場をこえました



ディテール(おさまり)をきわめるシリーズ   板金工編

下屋根 寄棟の隅棟おさまりのため板金加工をしております


28年間の板金工事によるヨシさんの手



シャープに隅棟が一文字葺きでおさまりました 流石ヨシさんの手です





2019年5月14日火曜日

大黒柱をめぐる家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所

板金屋根葺きの様子




手間のかかる横葺き一文字葺きです 屋根パーツを一つ一つかみあわせていきます


谷部おさまり



軒裏は杉板貼り

板金工事も大工工事も単純にシンプルにおさめようとすればするだけ職人の手が必要です







2019年5月11日土曜日

そとん壁と和瓦の家

京都で注文住宅・木造住宅・木造建築・町家・数寄屋建築等の新築・リフォーム・古民家改修を行う工務店 一級建築士事務所




硝子工事 木製建具に嵌るペアガラスの施工の様子
     ガラスを嵌めてからマスキングテープ~コーキング処理
     サッシ職人のシノさんが手慣れた手つきで行ってます。








外部ではそとん壁の下地材の施工が行われてます。
これまた熟練左官工がリズミカルに施工していきます。
お施主さんが鏝捌きを「見ていて気持ちいい」と言っておられましたが、なるほどFlowに入っている職人の動きは見ていてまさしくそうですね。